香片茶

ルピシア 香片茶

ルピシアの沖縄限定「香片茶(しゃんぴんちゃ)」。茶葉が一欠片入ってしまったーご愛敬。茶葉にはジャスミンの花がブレンドされている。甘い香り…なんだ?と思ったらライチの香り付けがされているらしい。ダージリンの春摘みと緑茶がブレンドされているみたいですね。

3分抽出。ジャスミンよりもライチの香りが若干強めに感じますが、互いに香りを邪魔していません。味わいも渋さがなく、軽めの仕上がり。後味もなく、なんか全体的にふわふわーとしている(´Д`;)ゆえにレビューもふわふわーとせざるを得ない。甘軽い…みたいな(;゚д゚)ありそうでないような…そんなお茶でした。

水出しではジャスミンが引き立ち、ライチも甘くよく香ってくれてこれも美味しい。ジャスミンがしっかりと存在感を放っているので軽さがなくなるのも面白い。

星3.5

テ ヴェール オ チベット

マリアージュフレール テ ヴェール オ チベット

マリアージュフレールの「テ ヴェール オ チベット」。バラとバニラとマンダリン、ジャスミン、ベルガモットなどなどの香りがする緑茶。画像は水出し。

ホットで淹れたときは甘さはもちろんあるんだけれども、どのフレーバーもバランスよく配合された香りを醸し出しています。とくにマンダリンが良い具合に弾けていて飲んでるとなぜか妙に明るい気分になれる(・ω・)b

水出しではバニラの甘い香りとジャスミンがメインに香り、その後ろにバラが続いてさらにそのあとにそれぞれの香りが潜めいている印象。水出しのほうが甘さが抑制されているんだけどちょっと中途半端さがでている気がする。はっちゃけてるほうが好きなのでこのお茶はホット派。

星3.5。

れもん緑茶(水出し)

ルピシア れもん緑茶
photo_486

いつぞや飲んでたルピシアの「れもん緑茶」。ボンマルシェ限定のセール品。お菓子系のレモン香料だけど、きつくなく軽さが感じられて良い。草っぽくないのが嬉しい。あとシークワサーいい仕事をしている(・ω・*)レモンだけだと単調だけど、シークワサーとうまくなじんでいて味わいに少し奥行きが出て、アクセントとして機能している。あと緑茶の味も変に雑味がなくて美味しい。なんかいつもの緑茶系フレーバーと茶葉違うかも。さっぱり感つよい。
そんなに期待してなかったけど美味しかった。好きな味でした。

星3.5

深蒸し煎茶「祭」

ルピシア 深蒸し煎茶「祭」

ルピシアの「深蒸し煎茶「祭」」。推奨の80℃のお湯で1分半抽出。グランマルシェやらサンプルやらで何度か飲んではいる。

ルピシアの説明そのまままろやかで口あたりが良いお茶。渋みがなくてコクが強い。よくまぁこの旨みの強さで渋さだけを完全排除できたものだとある意味感動(´Д`;)これで強めの渋みがあれば私的に最高なんだけど…和紅茶もだけど、近年渋みが少ないものが多くて渋スキーの自分は大変に肩身が狭い。このお茶は、結構ボディは強いのだけどどこか芯がないというか…フニャーンて感じが抜けないのだった(・´ω`・)

星2.5

シエラザード(水出し)

ルピシア シエラザード
photo_441

ルピシアの「シエラザード」。夏限定のお茶。いつだったかの夏に見送ってしまったのだがなんか目についたので購入。ミントとグレープフルーツの香りのブレンド。ルピシアの緑茶フレーバーものは正直あんまり期待していない。美味しいと思うものもあるけど騙されたと感じることも少なくない(‘A`)

香りは大人しいながらもミントと柑橘のさわやかな感じが涼やかで良いです。味のほうも苦味やきつさはなく、さらりとした味わい。ミントの香りは強くなりすぎず、柑橘の香りもよくよくマッチしていて両方のバランスが良く美味しい。ルピシアのこの手のフレーバーで緑茶だと雑味えぐ味が出そうな気がするのに(失礼)そういった兆しがまるでなく最後まで美味しく頂ける。緑茶が日本とスリランカのものを使っているのと、半発酵茶、つまり烏龍茶も入ってるんですね。さっぱりと飲み易くなっている。むやみに日本の番茶だけを使わなかったところには評価せざるを得ない。ブレンダーグッジョブ(・ω・)b
このフレーバー感はTWGの感じにちょっと似てる。

星4つ