ヌワラエリヤ

マックウッズ ヌワラエリヤ

マックウッズの「ヌワラエリヤ」。うーんダージリンを買ったと思ってたんだけどヌワラエリヤだった…店員さんのミスなのか私の注文ミスだったのか…淹れて飲むまでダージリンだと信じていた。というくらいに香りが強い。昔の自分だったらダージリンと言われてもフーンって思って飲んでるやもしれない。さすがに今は飲んだらわかるけど。3分抽出でとても濃く抽出される。

最初全然うまく淹れられなくて香りはするけども飲んだ瞬間に渋みばかりが突出していたけれどもカップ温めてちゃんと蒸らして淹れれば香りを生かしつつ美味しく淹れられる。やはりぐうたらはよくない(・ω・;)
爽やかさはなく、どっしりとした重さを感じる香りと味わい。後味もしっかりしています。

星4つ

白桃煎茶

ルピシア 白桃煎茶

ルピシアの「白桃煎茶」。90℃のお湯で3分抽出しました。甘さを感じられる柔らかい香りと雑味の少ない渋みがそこそこある感じのお茶でちゃんとルピシアブランドの白桃のお茶というアイデンティティを確立している。
正直お茶の味はそこまで美味しいとも思わないのだけど、香りとの調和はよく、おいしそうだなーと期待させてくれる。冷めてくるとアミノ成分が強く感じられてしまいそれがちょっと苦手なので熱いうちにいただいてしまいたい。

星3.5

雪室緑茶

雪室緑茶

氷温で熟成させたという「雪室緑茶」。正香園というところが販売しています。もう熟成って言葉が美味しそうだよね。なんなのエイジングビーフとか。でもエイジングティーっていうとなんか間抜けっぽい(・ω・`)
緑茶記事にするの久々かもしれません。緑茶は普段はスーパーとで売ってる掛川茶が安くて…あまり新しいのを手に取る機会がないというか…駅構内のアンテナショップ(らしき)「のもの」で氷温熟成が気になって気になって…買った。

photo_510

茶葉がめちゃくちゃ細かい。70℃のお湯で1分抽出。コクがまず前面にぐいっとくるけども甘ったるい系ではなく、淡的でこれが飲み易い。熟成でアミノ酸が~というわりには旨味も暴力さがなくおだやか。ありがたーい(・ω・)尖った部分がなく、丸くなりすぎず。低温で淹れてもそこそこ美味いと感じました。後味や余韻はまったくなし。

星4つ

「のもの」を見かけるとつい寄ってしまいます。しょっぱすっぱい梅干しが買えたりするので…なんでスーパーで売ってるやつは甘味料とかついてるのか…

ルイボス オレンジ

カメリアズティー ルイボス オレンジ

カメリアズティーの「ルイボス オレンジ」。風邪からの病み上がりなものでして、やさしい味を求めているみたいです。3分抽出。

独特のルイボスの香りとさっと溶けるような甘さを纏うオレンジの調和にほっと落ち着けます。ルイボス久々に飲んだ気がするけど美味いなー。オレンジの皮やりコリス、香料がブレンドされている。ルイボスの薬臭さなんかはほぼ気にならず。
オレンジの香りにさりげなく深みが覗いていて、飲み飽きない。よい仕事をしています(・ω・)

星4つ

オリエンタル・クイーン

オーリエンス オリエンタル・クイーン

オーリエンスというところの「オリエンタル・クイーン」という紅茶。ラ・フランスとライチと薔薇の香りのフレーバーティー。インド産のお茶と香料とローズペタルがブレンドされている。成城石井で目についたのでなんとなく手に取ってしまった。400円くらい。

2分半で抽出。香りはフルーティーさがあって優雅な感じもあって良いです。茶葉のボディは結構強め。ダージリン?だよね…濃い。もうちょっとさっぱりした味わいのほうがこの香りと合ってたような…ちょっとお茶の味が強すぎてバランスが良くない気がしました。加糖はしたほうがおいしい。ミルクは…合わない(-ω-)

星2.5

寒かったり暑かったりでついに体調崩してしまった_(:3 」∠)_