さくら恋紅茶

カレルチャペック さくら恋紅茶

カレルチャペックの「さくら恋紅茶」。ちょっと長めの4分抽出。春頃のフレーバーなのでいつもの桜餅風のさくら系かと思ったらさくらんぼ紅茶でした。ちょっとルピシアのさくらんぼ紅茶に似ているね。とはいえこっちはだいぶ青さがおとなしく、さわやかなさくらんぼの果肉を思わせる甘さ、果物さが強く感じられます。
ヌワラエリヤのすっきりした味わいとあいまってだいぶさわやかさが際立つ。渋みはそんなに強くなく、甘さの印象のほうがやや強い。フレーバーだけど癖は強すぎず美味しいですね(・ω・)bあーこれが恋のー予感?とからしい。

星3.5

りんごの紅茶

りんごの紅茶

お土産でもらいました。「りんごの紅茶」。販売元は中弘クラフトという会社でりんご系のお土産食品を展開している模様。

2分抽出でなんと上下フリフリを推奨している。スリランカの紅茶に香料をつけたごく一般的な紅茶。正直言うと、ここならではの味ではなかった。でも雑味はそんなに感じないので飲み易さはあります。ただ香料がなー。ごくごくふつーの香料なのが…そこはもうちょっと青森りんごらしさが欲しかった…乾燥りんご入れるとか…これじゃ本当にただのりんごの香料の紅茶でしかない(・´ω`・)そこが残念。

星2つ

巌茶水紅梅

遊茶 巌茶水紅梅
photo_480

遊茶さんの「巌茶水紅梅」。全体的にすっきりしていて適度にふんわりと香ってくれる。花のような香りも強く、飲み易い。岩茶で焙煎の強くないものをお願いしたらこれを薦められました。後味もかるく、飲みたい時にささっと飲めるのがいい。

淹れ方は遊茶推奨の淹れ方にしました。湯温90~100℃で300ccのお湯に対し5gで2分抽出。お湯の継ぎ足し式。チャトルや洗茶して淹れた時よりもおいしかった気がする。
ただ、どことなく飲んだことがあるような味わいでこのお茶ならではの特徴は少ない。

星3.5

チャトル買いました

pic_111

遊茶さんのとこで販売してるチャトル。茶こしつきでがっしりしたリユースボトルみたいなやつです。飲みくちの蓋が茶こしになっている。これも底が浅いやつなので私の茶こしアレルギーには引っかからない(・ω・)b主に家で使っています。茶葉いれたまま飲んでいって半分くらいになったら継ぎ足して煎重ねていこうやー1日中飲めるぜーというスタイルの水筒。なのだが水筒直飲みスタイルが苦手であまりやらないのでもっぱらさくっと抽出してタンブラーに移して飲むということをやっている(・ω・)。中国茶とか台湾茶とか葉がでかいやつを手軽にガブガブ飲むのに便利。茶こしの穴は大き目なので紅茶とかは葉が大きくないと使えないのが難点だけども。

寒い日にはサーモスもいいんだけどずっと温かいままだと酸化して味が落ちるので冷めてもおいしく飲めるこっちのほうがいいかなぁと最近は思うようになりました(・ω・)

ホワイトサングリア(水出し)

ルピシア ホワイトサングリア
photo_478

ルピシアの「ホワイトサングリア」。何度か試飲もらって気にいってます。茶葉はじめてみたけどグリーンレーズンやらオレンジピールやらが入っててよい香り…(・ω・*)原産国はインドとベトナム。白ワインをイメージしてるとのこと。水出しでもしっかりバランスよく香ってくれます。最初の一口にちょっとした驚きと感動があって良い。飲んでると当然ながら感動がどんどん薄れていくのでちょっと飲んだら放置。で、また飲んで感動を味わうという変な飲み方してる(・ω・;)毎年試飲ウマー言ってたのはたぶん一口目がとても美味しいから。飲み続けてるとそこまででもなかったかなという感。美味しいことに変わりはないけども。

星4つ