ホワイトサングリア(水出し)

ルピシア ホワイトサングリア
photo_478

ルピシアの「ホワイトサングリア」。何度か試飲もらって気にいってます。茶葉はじめてみたけどグリーンレーズンやらオレンジピールやらが入っててよい香り…(・ω・*)原産国はインドとベトナム。白ワインをイメージしてるとのこと。水出しでもしっかりバランスよく香ってくれます。最初の一口にちょっとした驚きと感動があって良い。飲んでると当然ながら感動がどんどん薄れていくのでちょっと飲んだら放置。で、また飲んで感動を味わうという変な飲み方してる(・ω・;)毎年試飲ウマー言ってたのはたぶん一口目がとても美味しいから。飲み続けてるとそこまででもなかったかなという感。美味しいことに変わりはないけども。

星4つ

深蒸し煎茶「祭」

ルピシア 深蒸し煎茶「祭」

ルピシアの「深蒸し煎茶「祭」」。推奨の80℃のお湯で1分半抽出。グランマルシェやらサンプルやらで何度か飲んではいる。

ルピシアの説明そのまままろやかで口あたりが良いお茶。渋みがなくてコクが強い。よくまぁこの旨みの強さで渋さだけを完全排除できたものだとある意味感動(´Д`;)これで強めの渋みがあれば私的に最高なんだけど…和紅茶もだけど、近年渋みが少ないものが多くて渋スキーの自分は大変に肩身が狭い。このお茶は、結構ボディは強いのだけどどこか芯がないというか…フニャーンて感じが抜けないのだった(・´ω`・)

星2.5

シエラザード(水出し)

ルピシア シエラザード
photo_441

ルピシアの「シエラザード」。夏限定のお茶。いつだったかの夏に見送ってしまったのだがなんか目についたので購入。ミントとグレープフルーツの香りのブレンド。ルピシアの緑茶フレーバーものは正直あんまり期待していない。美味しいと思うものもあるけど騙されたと感じることも少なくない(‘A`)

香りは大人しいながらもミントと柑橘のさわやかな感じが涼やかで良いです。味のほうも苦味やきつさはなく、さらりとした味わい。ミントの香りは強くなりすぎず、柑橘の香りもよくよくマッチしていて両方のバランスが良く美味しい。ルピシアのこの手のフレーバーで緑茶だと雑味えぐ味が出そうな気がするのに(失礼)そういった兆しがまるでなく最後まで美味しく頂ける。緑茶が日本とスリランカのものを使っているのと、半発酵茶、つまり烏龍茶も入ってるんですね。さっぱりと飲み易くなっている。むやみに日本の番茶だけを使わなかったところには評価せざるを得ない。ブレンダーグッジョブ(・ω・)b
このフレーバー感はTWGの感じにちょっと似てる。

星4つ

あんずの麦茶(水出し)

ルピシア あんずの麦茶

ルピシアの「あんずの麦茶」を水出し。なんか最近あんず系よく飲んでる気が…(・ω・)
甘い系の杏の香りと六条麦茶。それぞれの素材はとても良いのだけど爽やかさが足りない…いや、もちろん求めてない人には問題ないのだけども…。個人的な嗜好の範疇を出ないんだけどもこの麦茶の味ならもうちょっと後味爽やかなほうが好きだなぁと思いまして。杏いい香りだけどちょっともったりしているというか…好みにあう抽出時間の調整が難しい。抽出時間が長いとえぐくなるんだよね…といっても推奨の2時間じゃ薄い(´Д`;)難儀だなぁ

星2.5

茉莉春毫

ルピシア 茉莉春毫

ルピシアの「茉莉春毫」です。なんか最近便りのサンプルにあった記憶。
その昔、夜の維新號に連れて行ってもらったときに飲んだジャスミン茶が美味しすぎてそこからジャスミンにはまっていた時期があり、その時によく飲んでいました。力強い味わいと芯の太さを感じられるジャスミンの香りがとても好きで。ほっと落ち着かせてくれるお茶でした。懐かしい。香りが強く、ごてごてに感じるけど飲んだ後は結構さっぱりしています。香りが飛ばないからアイスティーにもいいです。普段使いにはちょっと高いけれども。

星4.5

維新號のジャスミン茶もまた飲みたいのだけどランチには出ないし、その当時は紹興酒で酔ってた時だったから味の記憶にまったく自信がない…とほほ_(:3 」∠)_

ジャスミンといえば、ペットボトルですが、ダイドーの聘珍樓コラボのジャスミン茶も好きでした。また出してくれないかなー(・ω・)ダイドーのお茶は好きなのが多い。