2018年ダージリン セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園 DJ-231

TEAPOND 2018年ダージリン セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園 DJ-231

TEAPONDさん小売り販売やティーバッグアソートセットやってる!!ということでいくつか気になるのを通販しました。メール便で届くの便利でありがたい。

そんなわけでTEAPONDの「2018年ダージリン セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園 DJ-231」。

キャッスルトンは数年前のルピシアのグランマルシェで感激したけど、以降はなんか渋いだけでもうあのころのキャッスルトンには会えないのか…と残念に思っていたのだけど、このキャッスルトンはかなり当時の感動の味わいに近い。柑橘とハーブを合わせたような香というのが本当にその通りで、なめらかでかすかに甘さがあってどこまでもやわらかくてとても良い心地になれる味わいでした。上品さの具現化って感じで、当時は戦慄したんですよね。

後味のハーブさが結構残るんですけど、それがクドいので好みが分かれそうではある。お茶うけと一緒なら気にならないと思います。

星4つ

チェリーパフェ

TEAPOND チェリーパフェ

TEAPONDの「チェリーパフェ」。以前レビューした気がしてたけどしてなかった…。ドライクランベリーがゴロゴロはいっていて淹れるときに茶葉のバランスにいつも苦労した(・´ω`・)

飲んだ瞬間、フルーツの酸味と旨みがじわりと感じられる。中国紅茶らしく味わいは軽めで無糖だと味気なさも…もうちょっとフルーツの香りが強いほうが好みかなぁ。少し甘くするとフルーツの酸味も若干強く感じられるので砂糖は入れたほうが美味しい。後味に清涼感があって思ったよりさっぱりしています。

星3つ

フレンチピーチ

TEAPOND フレンチピーチ

TEAPONDの「フレンチピーチ」。白桃フレーバーの紅茶。セイロンとネパールのブレンドらしい。3分抽出。
ヌワラエリヤに似た軽くてさっぱりした味わいの紅茶にふんわりと香るピーチ。若干香料っぽい感じもあるけれどそこまで気にはなりません。嗅いだ感じはいまいちピンとこなかったけど、口に入れた瞬間に軽くて甘い香が感じられる。さらりとした爽やかな紅茶。キンと冷やしたのが好きで、よくお湯出しでアイスティーにしていました。

星3.5

オランジュリー

TEAPOND オランジュリー

TEAPONDの「オランジュリー」。デカフェベースの紅茶とのことですが、味わいは軽さはなく、デカフェなのにコクも感じられ違和感なく飲めます。デカフェでこれなら結構いいなぁと思う反面、バニラ、バター系の香料とオレンジピールの掛け合わせが好きじゃなかった…ツンとした感じが強く、ストレートだと飲みにくさがあり(´-ω-`)ケミカルっぽさとは別ベクトルなんだけど、オレンジの香りがする中性洗剤のような印象だったんだよね…。推奨の淹れ方にミルクティーがなかったので期待しないまま牛乳を加えたら、香料が落ち着いて香りがなじんでわりと美味しく飲めてしまったのだった_(:3 」∠)_あーよかった。
そんなわけでこの紅茶はミルクティーで飲みきりました。

星2つ。

ダージリン セブンバレー

TEAPOND ダージリン セブンバレー

暖かくなってきたからなのかさっぱりめのお茶が飲みたかったのでTEAPONDの「ダージリン セブンバレー」を淹れます。
3分抽出。花に似た香りがいいですね。爽やかだけど青っぽくないです。(´∀`)喉にも軽く、マスカットっぽさがあるΣ(・ω・)ぉーこれマスカテルフレーバー付きだったの…。説明にも書いてあったわー。こういうのを飲むとダージリンが紅茶のシャンパンと言われていることに納得する。無糖で飲んでるけどそこそこ美味しい。渋みに尖りもないので飲みやすい。
まぁちょっと喉に後味がひっつくのでそれが気になる感じがあります。飲み終わった時にお冷を一口飲みたい気持ちなのが残念か。

星3.5。
後味の引っかかりは砂糖ちょっと入れたら気にならなくなりました。うーん不思議。