両口屋是清の「二人静」

両口屋是清 二人静

「二人静」ってさ…ネーミングすごいかっこいいよね…こう、店員さんに「二人静(ににんしずか)下さい」ってドヤりながら言うために買ってる部分も2割くらいある。何度かリピートしてます。高いから頻繁に買えないけど(=ω=)

二人静は紅白の半円2つが高そうな薄い和紙にキャンディつつみになっていて、原材料は和三盆、粉糖、着色料だけの非常にシンプルな構成。あっさりめにすっと口の中で溶けていくお菓子をお茶と合わせるのほんとすき(・ω・)和三盆…昔はまっていて和三盆そのものをいろんなものにふりかけて食べたりあるときはそのまま食べたりしたこともあったんだけど(むせた)、なぜそのまま食べるとドン引かれて固めたという事実だけのお菓子は許されるのだろう…と長年疑問に思っている。

この日に淹れたお茶はルピシアの抹茶黒豆玄米茶。あいもかわらず美味しすぎるマイフェイバリット。何度もリピートしています。リピートしてるぜアピールする機会あんまりないからここでやっておこう。(゚ロ゚)<抹茶黒豆玄米茶サイコー!

EAU NOIRE TEA

TWG EAU NOIRE TEA
photo_591

TWGの「EAU NOIRE TEA」。ラベンダーやら香りのよい花の香を纏わせた官能的で神秘的なお茶とのこと。官能的と神秘性って交わるものなの…?(・ω・)95℃のお湯で3分抽出。

茶葉の段階でやすげー薬(ハーブ)臭って思ったけど淹れるとそこまででもない。ラベンダーもメインではあるものの、背面にそびえている香りのよい花とやらのほうがむせかえるように香って酔わせてくる。官能的はわかるけど神秘性は感じないかな(・ω・;)しっかし強い香りが苦手な方は注意したほうが…。ずっと嗅ぐと頭痛くなりそう。

味わいはあっさり。コクも何もないんだけどこういう特徴のない味わいの紅茶ってどこでみつけてくるんだろう。複雑なフレーバーの紅茶でTWGはよくこういう系の茶葉を使ってくるけど、ほぼ味わいを楽しむことができないのはちょっと物足りなくない?いや、香りがもうすごいのでもうこれ以上いらないごちそうさまって思っている部分もあるのでこの感情のよりどころのなさはどうすればいい。

1杯で結構満足して飲み続けられないタイプのお茶なのでこれは飲み終わるのに時間かかるやつだ(゚ロ゚)!!

星1.5

ひらき

ルピシア ひらき

年が明けたのでお年賀コンセプトのお茶をあけるのだ。ルピシアの「ひらき」。梅と桃のフレーバーの紅茶。茶葉の香りでだるま(紅茶)を思い出した。梅ミンツとピンクペッパーは違うはずだけども…。茶葉にはあられや煎り米が入ってる。3分抽出。

すっきりした味わいの紅茶にさらりとした桃の香と梅ミンツみたいな香りでちょっと晴れやかな気分になれました。おめでたい感がうまく表現されています。一瞬で正月か桃の節句にトリップできる。茶葉のチョイスがセンスあるなぁ。濃いめの味わいだったらフレーバーとかちあって絶対エグ味でてたわ…。飲み口は梅ミンツ感の主張が若干特殊。飲んだ瞬間が一番強く、ピリッとくる甘酸っぱさがこれまた良いです。ストレートもいいけどはちみつを入れた時の味わいが好み。甘酸っぱさましましジュース感満載。

星3.5

大隈新茶 さえみどり「春景色」2020

ルピシア 大隈新茶 さえみどり「春景色」2020

ルピシアの「大隈新茶 さえみどり「春景色」2020」。カップ1杯に対して5gとか超茶葉使う。80℃のお湯で1分30秒抽出しました。

説明にある通りひたすら軽くて軽くて甘い飲み口。そして薄い。うーん。ふんだんに茶葉使ってこの味わいかぁと思うとちょっと納得いかないというか自分では選ばないなって断言してしまう。これは夏の福袋かなんかに入ってたやつだったかな。いいところは癖がないから惰性で飲み切れるところかな…(・ω・;)

甘さ軽さ重視の緑茶は苦手なのでポジティブな部分を見つけられず申し訳ないな。もちろんこういう系が好きな方にはよい発見があるのだろうと思う。

星1つ

さえみどり「春景色」2020についてはあんまりにもあんまりな感想しか抱けなかったのでサイト巡ったりツイッター調べたりしたんだけどみんな茶液濃くない?ルピシア公式でさえも。推奨されている温度と時間では出せない色だと思うんだけども(・ω・;)水の性質であんなに変わるものなのか…?
おなじ茶葉の量で100度3分抽出しても濃い緑色(深蒸し色)にはならなかった。謎すぎる。

12gで500ml抽出したら同じくらいの濃い緑色にできた。味はお察しだったけど…。上記の味わいに濃ゆい苦味成分をふんだんにぶちこんだ繊細さ皆無の味わいでした…なんぞこれーもー。

ラベンダーアールグレイ

ククーティーバッグ ラベンダーアールグレイ

ククーティーバッグの「ラベンダーアールグレイ」。おそらくケニアの紅茶にラベンダーとレモンピール、香料がブレンドされている。茶葉から濃厚なラベンダーがさながらポプリのように香ってきている。3分抽出。

ラベンダーすごく強いけど拒否感がでるような香り方じゃないΣ(・p・)いや、強いは強いんだけど、ちゃんと食べられそうな匂いがしている。シンデレラカクテルとはうってかわってしっかりめの味わいに濃厚なラベンダーと、しっとりしたすこし重さのある柑橘が香っておいしい。しっかりしつつでもやっぱりどこかさっぱり感がある。

でもってこれミルクティーが最高に美味しい。ミルクが入ってラベンダーの香りがすこし沈んだように佇んで全体的になじむ感じがアァァうまい…。ちょっとだけ柑橘の余韻が残るのもいい。

星5つ

ラベンダーアールグレイとしては自分の求めていた中で最高のものなので文句ないのだがおいしいおいしいってお代わり淹れまくるとちょっと気持ち悪くなってくる(・ω・;)1日1杯とかのお楽しみにしたほうが良いな。