キャラメルチャイ

photo_572
photo_573

シルバーポットの「キャラメルチャイ」。ちょうど牛乳が残り少なく、1杯分作れそうだったので、推奨されている淹れ方で、ロイヤルミルクティー(チャイ)風に淹れました。小鍋に6gの茶葉と200mlの水を入れて一煮立ち、150mlの牛乳と7gの砂糖を入れてさらに一煮立ちという淹れ方。

牛乳を入れる前なんかいちごジャムを煮詰めているような香立ち…ピンクペッパーがそう感じさせたのか…?
キャラメル…と同じくらいピンクペッパーとシナモンの香が強い。砂糖この分量だとちょっと味わいに負けるかな…。紅茶のボディが強く、苦味が強い。この後砂糖を足して美味しくいただきました。辛さがなく、スパイスみが強い。あとやっぱこのピンクペッパー、飲んでいるとフルーツというかトマト味を感じる。フルーツ系の甘味強めの。
どっしりした味わいでお腹にたまる…牛乳150mlしか使ってないのに不思議だ…(・ω・;)

星2.5

2018年ダージリン セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園 DJ-231

TEAPOND 2018年ダージリン セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園 DJ-231

TEAPONDさん小売り販売やティーバッグアソートセットやってる!!ということでいくつか気になるのを通販しました。メール便で届くの便利でありがたい。

そんなわけでTEAPONDの「2018年ダージリン セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園 DJ-231」。

キャッスルトンは数年前のルピシアのグランマルシェで感激したけど、以降はなんか渋いだけでもうあのころのキャッスルトンには会えないのか…と残念に思っていたのだけど、このキャッスルトンはかなり当時の感動の味わいに近い。柑橘とハーブを合わせたような香というのが本当にその通りで、なめらかでかすかに甘さがあってどこまでもやわらかくてとても良い心地になれる味わいでした。上品さの具現化って感じで、当時は戦慄したんですよね。

後味のハーブさが結構残るんですけど、それがクドいので好みが分かれそうではある。お茶うけと一緒なら気にならないと思います。

星4つ

パイナップルケーキとクッキーでティータイム

パイナップルケーキとか

期間限定ショップでサニーヒルズ(微熱山丘)のパイナップルケーキとアップルケーキ売ってたのでほいほい買ってしまった。台湾行きたいなぁ。日本にもあるけど表参道とか自由が丘とか全然用事が思いつかないところにあるので足が鈍くなってしまうので、近場にショップきてくれて大変有難い。もうこれ台湾バージョンなのかな。サニーヒルズはこれまで日本版と台湾版で味がちょっと違ったらしいのだけど、コスト面から今後は日本でも台湾版で売られるとのこと。

あとステラおばさんのクッキー。紅茶風味のお菓子があまり好きじゃないのだけど、2年前くらいに食べたここのアールグレイクッキーがめちゃくちゃ美味しくて、それからちょっとハマっている。それとコーヒー味のクッキーが好きです。
昔ステラおばさん高いなぁって思いながら甘ったるい香りの店の前をよく通り過ぎていたのだけど、なんか今結構安く感じてびっくりしました。自分の財政環境が潤ったってことなのか……?1枚おまけしてくれてさらにくじひいたら2枚くれて神なの。神はここにいたの。

中国茶は相変わらずテイスティングカップで淹れるのが便利。

間食にしては量が多い……けどいいの(;ω・)。朝兼昼食の代わりなので。この日は久々に何一つ用事がなくてゆったりしてしまった。ここ最近忙しかったので自分へのごほうびというやつです。忙しくなくても自分のことは頻繁に甘やかしてますけども(・ω・)

ネパール 2020年 ジュンチヤバリ茶園 Himalayan Imperial Black

ネパール 2020年 ジュンチヤバリ茶園 Himalayan Imperial Black

シルバーポットの「ネパール 2020年 ジュンチヤバリ茶園 Himalayan Imperial Black 」。ジュンチヤバリはなんか人気あるという印象がある。

これは公式のほぼ相違ない感想で安心した…!!澄んだおだやかな味わいにナッツとウッディー(木)な香り(樽香)が感じられます。味の系統はちがいつつもべっこうに似た甘露味はルフナを思わせ、いろいろと複雑な香りがするお茶。
口あたりが良く、ぐーっと主張してする味わいなので余韻が残ります。美味しいけどお茶酔いしそう系です(・ω・;)
あとなぜか飲んだ時岩茶飲んだ時に似た感じがちょっとだけしました。

星4つ

ニルギリ クオリティーシーズン 2020年 カイルベッタ茶園 SFTGFOP Winter Speciality

シルバーポット

シルバーポットの「ニルギリ クオリティーシーズン 2020年 カイルベッタ茶園 SFTGFOP Winter Speciality」。長いって(・ω・;)

かなり明るい水色です。柑橘ピール系とスミレの余韻とのこと。なんだが…こちらの茶葉の香の第一印象がきんぴらごぼう……!!!いきなり不安しかない
淹れてみると深く青さのある…ダージリンのFFみたいな特徴がある。苦味が押し寄せてきそうだがそこはニルギリらしくやわらかい飲み口。脳が混乱するね。これがお酒だったら辛口っぽくなりそうなキリっと感があり。渋みは感じない。
最初のクセにたじろいでしまったけど、飲みなれるといいですね。後味は少しだけとどまってから消えます。

星4つ