サバラガムワCTC ネルンワッタ茶園

ミツティー サバラガムワCTC ネルンワッタ茶園

戸棚片付けていたらミツティーの「サバラガムワCTCネルンワッタ茶園」ものがでてきたΣ(・ω・)えっと去年の福袋だったか…?何故今開けるのかというと、これとアイスラビーだけなぜか賞味期限が2020年秋だったので取り置いていたのです。それ以外のやつはささっと飲んでしまったのだけど、どれも美味しかった記憶しかない。せっかくなのでレビュー。

ローストされた香りがいいよと説明にある通り、とても香ばしい芳香が広がる。めちゃくちゃボディ強いのに渋さはずどーんとこないんだよね。軽く清涼感も感じられるような味わい。ちょっとだけブラックティーの香りを楽しんだのち、ミルクティーに。くどさがなくどことなく優しい感じ。全体がまとまりすぎていて味に尖りがない。これをぼやけた味ととるか丸みのある味わいととるか…。飲み易くておいしいけどブラックの芳香がだいぶ大人しくなる。お茶請けとはよく合いました。単品だとちょっと飽きそう。

星3.5

白葡萄ジャスミン茶

白葡萄ジャスミン茶

雑貨屋さんで見かけた「白葡萄ジャスミン茶」。期待せず手にとったけれど白葡萄の香が強めによくでている。お茶もちゃんと台湾烏龍茶の味わいがありつつ…水出しだとジャスミンの香がよくわからない。白葡萄がただのあまったるい感じではなくて、ほのかに花の香もするのでこれがジャスミンなのかなぁ。烏龍茶の香と混ざってあまり主張してないのだけど。
お湯出しで普通に淹れるとジャスミンっぽさが出てきます。葡萄フレーバーもほんのちょっと渋みが出て、甘さが減るけどこれはこれでいい。なかなかおいしくて攻めた感じのお茶を大手以外で手に取れるのはとても有難いのだけどいかんせんコスパがとてもとても悪くてですね…2g×6包のティーバッグで450円くらいするのが残念…(=ω=)高い…ルピシアとは違ったテイストなので新鮮ではあるのだけれど。

星3.5

販売は「Tokyo Tea Trading」というところです。

ってここ久順銘茶なの!?久順銘茶のお茶正直あんまり…な印象だったからびっくりしたー。他のフレーバーも美味しそうである。

凍頂四季春茶

成城石井 凍頂四季春茶

成城石井ブランドの「凍頂四季春茶」。これのほかに凍頂烏龍茶とジャスミン茶とプーアル茶がラインナップしていたとおもいます。ちょっと気になったので一つだけ購入。

四季春っぽさは確かにあり。アミノ酸系の旨みが強めに出ているのと、甘みはともかく爽やかさ、清涼さが欲しいなぁと思いました。このへんは個人の好き好きと思いますが。

内容量は30g(2g×15包)で650円ほどでした。

星2.5

八朔煎茶(水出し)

カレルチャペック 八朔煎茶(水出し)

カレルチャペックの「八朔煎茶」の水出し。

八女茶を使用とのこと。お茶自体のまるみのある甘さと八朔のさわやかでフレッシュさのある甘さが絶妙な配合でおいしい。あー水出しなら緑茶のこういう甘さも全然いけるのね。雑味苦味が皆無で、緑茶の本来の香、味のおいしさがどちらもちゃんと表現されています。柑橘のフレッシュさと緑茶のハーモニーは、バランスが難しいと思うのだけど八朔の存在感に緑茶が負けていないところが良い。喉越しもよく、後味も少しの余韻のあと綺麗に消えてくれます(・ω・)

星4つ

クリームティー

クリームティー

ルピシアのスコーンでお茶。ウヴァ淹れました。普段あんまり使わないカップで淹れたら持ち手がなくて熱いぞ!!Σ(・ω;)ウヒョー
そしてスコーンは大納言あずき。うまい。
近場にニトリが来てくれたので嬉しい。うっかり皿買いました。可愛い可愛い。

最近テレビでアフタヌーンティーの特集を見て、崎陽軒のアフタヌーン美味しそうだなぁと思いました。(・ω・*)アフタヌーンティーのプレートのケーキとか軽食は素敵だなぁと見るのは楽しいけど、どうにも私のライフスタイルに合わないのが残念至極。あのプレートって軽食には多すぎて食事には中途半端(というか食事を軽食で満たしたくない)なんですよね…(=ω=;)そんなわけで自分はクリームティースタイル(スコーン&紅茶)が好きです。

今年もあと少し~少しはやめに大掃除頑張ってます。( ・ω・)=3