レッドプレミアムゆず(水出し)

カレルチャペック レッドプレミアムゆず

カレルチャペックの「レッドプレミアムゆず」。一応水出しと書いてあるんだけど…ホットでも美味しく頂けるらしい。
レッドプレミアムというのは日本の紅茶品種のべにふうきをスリランカのマッタケレ茶園で育てたものらしい。しかも持ち込んだのはカレルチャペックなんですね。

原料は紅茶と香料のみ。茶葉から爽やかな柚子が香ります。いいにおい(´∀`)
お茶は一口飲んだ時の第一印象が「おあぁーうまい!」って感じでした。香りがおとなしくなったけれど、飲んだ瞬間に口に広がる柚子の香りはじわりと柔らかくてピールのような香りを感じます。
味わいも深くて、コクが緩く広がるようなそんなお茶です。あーうまー。すっきりさせすぎないところが好きです。

星5つ

毎年思ってたんだけどカレルチャペックの水出しのやり方ってかなりフリーダムだなぁ(´Д`;)20秒シェイクして常温で1時間とか…すごく漢らしい(・ω・;)
美味しい茶葉はどんな淹れ方しても美味しいって豪語するだけある(´・∀・`)

COLOR TRICK TEA

カレルチャペック カラートリックティー

コナンのコラボ紅茶をもう一つ。COLOR TRICK TEA(カラートリックティー)。バタフライピーのハーブティーです。これ、ちょうどリアルタイムでアニメを見てました。でもってこれ青い紅茶とか言われてるらしいんだがこれだけは言わせてくれ。ハーブティーは「紅茶」じゃない!(#`Д´)
このお茶、綺麗な色を出すには70度くらいのお湯で作らないとだめらしい。普通に90度くらいので作ってしまった。色はアレですが、ペパーミント、ローズマリー、レモングラスがブレンドされていて、全体的には爽やかで飲みやすい感じにされてます。でも無糖で飲むと草っ!Σという感じが否めず。
アニメのように輪切りレモンをいれたかったんですがちょうど近くのスーパーで取り扱ってるレモンがアメリカ産のしかなかったため断念_(:3 」∠)_
輸入レモンは皮に防カビ剤が残ってる場合が多いので皮ごと使うことができないんですねー (´-ω-`)

photo_319

レモンを入れると色が変わります。まぁポッカレモンだけどね…風情とは(´・ω・`)もっといれるとピンクになるみたいだけど酸っぱくなりそうなんでこれで。レモネードみたいに飲めよって書いてあるけどレモングラスじゃ全然レモネードっぽくならねーじゃねーかよ(;`Д´)甘くしてみてもやっぱり草っぽいヨー。私にとっては完全にネタ茶です_(:3 」∠)_やっぱこういう系はサイダーやアイスティーと組み合わせてセパレートティーとかオシャンテーな感じがいい…

星1.5

はちみつはタリーズのを使ってます。容器が液垂れしないやつなので使いやすい。タリーズのハニーミルクラテが好きでたまに行きますヽ(・ω・)ノ

RAN’S LEMON PIE TEA

カレルチャペック RAN'S LEMON PIE TEA

カレルチャペックの名探偵コナンとのコラボ商品「RAN’S LEMON PIE TEA」(蘭のレモンパイティー)。売ってたの見かけてうっかり買ってしまった。
この紅茶は蘭が作ったレモンパイをイメージしたものだそうですよ。これ、18巻のエピソードらしいんだけどまったく覚えてないぞ((((;゚д゚))))一応コナン20巻くらいまでは読んだことあるはずなのに…

ディンブラを使用している模様。3分抽出。まず、香り立ちがいいです。甘いレモンとほのかにカスタードのような香りがしてお菓子みたい。このレモンは柑橘系の爽やか甘酸っぱい感じのものではなく、サクマのれもんこりっととか栃木のレモン牛乳のようななんちゃって的なレモン菓子のような香りです。無糖のまま飲んでも舌や後味にやさしい感じが残るからかほのかに甘さを感じます。お茶が全然渋くないので飲みやすい。でもちょっと砂糖を入れたほうがよりフレーバーが冴える感じ。この状態が一番好きです(・∀・) 。ミルクティーにするとお菓子感がさらに強くなります。

普段あまり紅茶を飲まない人でも飲みやすく仕上げてあってさすがという感じ (・ω・) 味の緩急が少ないからフレーバーの印象も光るし、バランスをよく考えてあるお茶だなぁと思いました。

星4つ

レモンパイが好物とか新一渋いな(;゚д゚)

イヤーズティー2016

カレルチャペック イヤーズティー2016

カレルチャペックの「イヤーズティー」2016年のやつです。ヌワラエリヤにシャルドネの香りをつけたフレーバーティー。たしかに白ワインっぽい良い香りがします(´∀`)このお茶はちょっと長めの4分抽出。
水色が淡くてとても綺麗!爽やかな渋みと香りが…香りが…うん…爽やかを通り越して青…青臭すぎる…(;゚д゚)熱い状態ではちょっと飲むのをためらうくらい…冷めたら香りが落ち着いたのでなんとか飲めました。お茶の味はとても美味しい。爽やかさと透き通るような渋みがすっきりしていてとても好きなんだけども…このフレーバーとお茶の相性だと青臭さが相乗効果で何割にも増されたような感じにorzでも茶葉の状態ではとても良い芳醇な香りだったのです。これがダージリンとかだったらもっと落ち着いた感じに合ったんじゃないだろうか…というわけで自分的にはちぐはぐな印象を受けたお茶でした。

星1つ(´・ω・`)

オレンジほうじ茶

カレルチャペック オレンジほうじ茶

カレルチャペックの「オレンジほうじ茶」。ネタ枠茶か…とちょっとドキブル(;゚д゚)
茶葉はいたってふつーのほうじ茶でとくにフレーバーっぽさはなく。1煎目は1分くらいでとのことなのでそれで抽出。
淹れたあともお茶の香りは軽めのほうじ茶という感じ。飲んでみるとオレンジジュース飲んでるのかと錯覚するくらいのさわやかオレンジが一瞬広がってすぐきえてゆくΣ(;゚д゚)<ヒョエー
ちょっと面白い。すぐ消えちゃうし余韻も弱いんだけど、この一瞬のインパクトが楽しい。ほうじ茶の味もとても飲みやすい。2煎目のほうがオレンジの香りが少し強く出るみたい。コクも加わってこれ、2煎目がなかなかうまい。それにしてもユニークで面白いお茶。

星3.5